☆毒親育ち発達障害兄姉を持つはなたんは人生ハードモード☆

15年間実家と絶縁し暮らしてきた40代の独身アダルトチルドレン。毒母との死別を機に家庭内DVや機能不全家族との在り方、生と死について辛さを乗り越え哀しみを昇華しながら考えていきたい。ここ数年間で撮り貯めていた写真と共にブログにあげていきます。主に母へのラブレターです。

鼻と喉やられた…(>_<)

鼻と喉やられた…(>_<)


昨夜早くからホテルで休んだはいいが、少し空調が効きすぎていたのか、昨日の気温が低かった為か、鼻水がすごい。喉の痛みも。。

風邪引いたかな、、


7:30頃まで横になってモソモソと起き出しホテルのレンタサイクルを借りて函館朝市と自由市場に寄る。朝市は活気はあったが、呼び込みが凄く、

「オネェさん!何探してんの?」と何度も聞かれ重圧に耐えられず苦笑いを浮かべずにいられなかった。も少しゆっくり見させろよ…泣。


散々悩んだ挙句、どんぶり系の定食屋が軒を連ねたなかの、うどん屋たぬきうどんとサーモンのカマ焼きを朝食にする事にした。


f:id:hanatarehanatan:20180911182607j:plain


まぁ、、どんな組み合わせやねんて感じやけど。

昨日暴飲暴食したからこのくらいが良いのかも。

汁物だけの店や中華粥みたいな店が欲しい。。


全体的に味がしょっぱく感じた。


食べ終わって自由市場へ移動。カットメロンを買ってホテルで優雅に新聞を読みながらデザート美味い。が、鼻水が凄い。


さっきアレグラ 飲んだのに。。


少しでも体調回復に努めようと、も一度ベッドで横になってチェックアウトの11時迄休んだ。


チェックアウト後は一度函館駅まで戻り荷物をロッカーへ預けて、香雪園へ。

ネット情報によると、運が良ければエゾリスちゃんが見れるようだ。


函館駅からバスで50分程で到着。入って5分で、見れた。エゾリスちゃん‼︎ こんなにも簡単に?


ぴょんぴょん飛び跳ねててすばしっこく、とても写真になんか収められない。残念だ。

シマリスの大きさを想像していたが思ったよりひとまわり大きかった。可愛い。


ヒマワリの種でも持って来るべきだったか?


なかなか広い敷地内を散策して休憩所で休憩。

時間が余った。バスの時間までまだまだある。


頑張って麓まで歩いて降りようとしていた矢先にタクシーが通りかかったので、反射的に手をあげる。


運転手さんとエゾリスの話や自然の動物の話で盛り上がるが、何でも、リスやハトをカラスが捕まえて首だけ持って行き食べてたって話を聞かされ、グェ〜ってなる。運転手さん…。


最寄りの市電まで数分でついて、市電に乗り函館駅まで戻る。


小腹が空きランチの店を探すも14時頃の中途半端な時間帯で空いていない。

しばらくさまよい歩いて、ラッキーピエロを目指して歩いてた所、塩ラーメンの店で餃子で一杯やれるなと思い立ち、駅前のラーメン屋へ。


豚足と餃子と生ビールという、女性のカケラもないメニューで一杯やってたら店員さんからキムチを貰った。


夕方のスーパー北斗までブラブラと時間を潰し帰途に着く。


車窓から海を見ようと進行方向左列の窓側を陣取ったが、間違えてあいにく逆側が海だった。


f:id:hanatarehanatan:20180911182805j:plain


そういや昔、指宿旅行の時も何故か行きも帰りも山側に座ってしまったっけ。

方向音痴が作用してんのかな?


しかし、初日の雨と思いがけない寒さで少し体調不良ではあったが、良い居酒屋、良いご飯、良い酒、良いホテル、良い夜景、良い夕焼けに恵まれた。素晴らしい旅行だった。


道南での寮生活もあと2週間。またいつ来れるか分からないのでバタバタと色々見て回ったが、北海道の素晴らしい自然をとても満喫していて本当に満足している。


地震で被災したのも良い思い出だ。


今後の予定としては、仕事の満了後に移動を兼ねて美瑛散策、道東へ移動。帯広や釧路や阿寒湖を次の寮を拠点として回る。


1ヶ月してまた満了したら長野県へ行く事が決まっている。北海道が少し名残惜しく感じるかもしれない。

よきかな…♪(´ε` ) 函館編

よきかな…♪(´ε` ) 函館編


震災の影響が気になる中、函館の旅を決行した。そもそも函館までのスーパー北斗が動くのか?と心配もあったけど、駅で確認したら15分の遅延はあるものの運行しているとのこと。

これはやはり行って楽しめってことやな‼︎


駅までの道のりで立ち寄ったツルハドラッグでは品物が買い占められパンひとつ買えなかった。

お腹が空いていたのでスーパー北斗のなかでサンドイッチとコーヒーを購入。

f:id:hanatarehanatan:20180910230951j:plain


13時半頃に函館駅へ到着。あいにくの雨で足場が悪い。サンダルを履いて来た自分を呪い、靴下が濡れつつカプセルホテルへ。荷物を預けた。


震災の影響か節電なのか少しマチが活気の無いように見えた。が、気にせず活気のありそうな五稜郭タワー方面へ。

市電と徒歩で。天気も悪く肌寒すぎる。


タワーの前でラッキーピエロを発見した。チャイニーズなんたらチキンが有名と聞く。しかし今さっきサンドイッチを食べてもた。メニューだけ外から目視し後にする。


タワーの一階はお土産物屋さんと開放感ある空間になっていた。土方歳三の像もあった。

f:id:hanatarehanatan:20180910231031j:plain

タワーの料金は900円。こーゆーとこに珍しくクレカが切れた。

エレベーターを出たらバーン‼︎と五稜郭が見えて

あぁこれテレビで何度も見たことあるという馴染みのある風景だった。


f:id:hanatarehanatan:20180910231056j:plain


おそらく下で散歩してる限りでは普通に庭園なんだろうな。上から見ないと要塞とは分からない。


何気にフロアに置いてある歴史のジオラマの作りが秀逸だった。

f:id:hanatarehanatan:20180910231128j:plain


一階のお土産物屋さんでグレープフルーツの香りの馬油を購入した。


さっき見かけたラッキーピエロを覗いてビールを飲むことに決めた。ビールと芋を食べる…ちと勿体ない気もするがお腹もあんまり空いておらず、これから多分暴飲暴食するので仕方ない…。

f:id:hanatarehanatan:20180910231159j:plain


市電の駅まで戻りベイエリアへ向かう。市電を降りた後にナビって無かったので逆サイドで迷ってしまうという痛恨ミス。かなり歩いてしまった。

f:id:hanatarehanatan:20180910231224j:plain


ベイエリアも雨の為か月曜だからか震災の為か薄暗く閑散としていて少しがっかりしつつあったが、少し晴れ間が見えてきて客も途中から湧いてきた。


f:id:hanatarehanatan:20180910231258j:plain


晴れ間に不思議な雲がかかって綺麗な色を出して気持ち良かった。が、海風を舐めて少し薄着で来てしまった。かなり寒く防寒着を探したところ、和風雑貨の店で、ポンチョ型のストールを見つけ購入。すぐ身につけた。

f:id:hanatarehanatan:20180910231320j:plain



雨の為に絶望的だった函館山の展望も天気の回復で観れるかもと思い、ロープウェイまで歩く。


綺麗な夕暮れだった。


f:id:hanatarehanatan:20180910231343j:plain


ロープウェイで山頂へ。登る時も夕焼けの少し不気味な赤が引き立っていた。

f:id:hanatarehanatan:20180910231403j:plain


山頂からの景色はそれはそれは素晴らしい夜景。さすが3大夜景のひとつ。人も多く、間を見計らって写真に収める。しかし、寒い‼︎


f:id:hanatarehanatan:20180910231432j:plain


f:id:hanatarehanatan:20180910231456j:plain


f:id:hanatarehanatan:20180910231517j:plain

寒さで、比較的早くに下山した。ポンチョ買っといて良かったよ…。


カプセルホテル方面へ戻り、松風町近くの居酒屋へ。カウンター席が空いていて、数人の一人飲みの間へ割って入った。


ししゃも焼き(オス2メス2)

ホッキ刺身

ホタテバター

アラ汁


ビールと日本酒熱燗。

食べた途端にニヤけるうまさ。ヤバイ。

本当に堪能出来た函館メシだった。


f:id:hanatarehanatan:20180910231548j:plain


f:id:hanatarehanatan:20180910231615j:plain


f:id:hanatarehanatan:20180910231635j:plain

ホテルに戻りシャワーを浴び共有スペースでお茶しながら雑誌を読みふけった。居心地も良く快適。フロントスタッフの対応も良く、設備も整い手入れも行き届いていた。


思えば居酒屋も良い素材で呑んで3700円ほど。

カプセルホテルも2000円ちょっと位。

お得な旅だ、文句のつけようもない。


今日は非常にいい流れでベッドに横になれた。


明日は朝市や行けそうだったら香雪園エゾリスでも見に行ってみよう。


唯一、昼の寒さからか、鼻水が止まらず。鼻炎薬も寮から持ってくるのを忘れてしまった(>_<)


北海道から南下作戦。

北海道から南下作戦。


北海道のここでの仕事が9月下旬に満了する。もう少し北海道を満喫したかったので派遣会社に道東の温泉地の某まりもで有名な温泉地勤務を打診した。


2ヶ月以上の内容やったのに1ヶ月しか働けないとの事。まぁいいけど。。


直後に派遣会社のサイトで目に飛び込んできた長野の温泉地の旅館の求人。


前に中洲で働いてた時にお客さんが、絶対入るべき温泉!とか言ってたっけ。

温泉好き魂がうずく。


すぐ担当に繋いで貰った。


なので10月は道東、11月から2ヶ月は長野の温泉地で働く事となりそう。


しかし、、どっちも寒そう、、博多っ子の私に耐えられるのか?!何を着ればいいと?!


雪見風呂はめっちゃ気になるけど!!


まーあれこれ悩むのも時間が勿体無い。

とりあえずやってみるのだ。


とりあえず、この仕事を満了して寮を脱出したら美瑛、富良野地区でもブラついて次の職場へ行こう。そして1ヶ月過ぎてまた道東が満了したら、長野へ飛んで、まだ見たことのない松本城を観るぞ!白濁温泉にも入りまくっちゃろう!


ワクワク!


いやぁゴールデンウイークに福岡の実家を飛び出して無かったら出来てなかった、行けてなかった冒険やん☆




今日は朝イチから小樽→余市へ。

今日は朝イチから小樽→余市へ。


余市といえばそうマッサンことニッカウイスキー余市蒸溜所へ行きますよ!


小樽から30分くらい。結構ローカル線な雰囲気の車内。福岡でいうと篠栗線みたいな。

f:id:hanatarehanatan:20180820163231j:plain


f:id:hanatarehanatan:20180820163303j:plain


余市駅もかなりローカルな雰囲気で、青春18切符のポスターに出てきそうな感じ。


f:id:hanatarehanatan:20180820163327j:plain


歩いて数分で余市蒸溜所へ。

まだ開館前だったので数分まつ。

f:id:hanatarehanatan:20180820163355j:plain


f:id:hanatarehanatan:20180820163424j:plain


自由見学でパンフレットを渡されて自由に見て回れる。ちょっとしたウイスキー博物館だ。

樽の古びたものも興味深い。ウイスキーの香りがする。

製造工程もモニターで見れるのでウイスキー好きにはたまらないだろう。

私もそう詳しくないので少しは勉強になったかな。


f:id:hanatarehanatan:20180820163513j:plain


思ったより広大な敷地で見がいもあるし、なんと言っても試飲‼︎ 昨日日曜は人も多いと思って今日月曜日に来ることにしたんですよ、このために!


3種も頂ける‼︎ 素晴らしいサービスだ‼︎

炭酸や氷、水のサービス、ソフトドリンクのさもある。優しい世界。

そしておつまみの自販機もあり、スモークチーズが超うめえ。

天気も良く、まだ午前中10時くらいなのにこの景観のなかグビってて、ここパラダイスかな?!


f:id:hanatarehanatan:20180820163555j:plain


余市シングルモルトハイボール、ニッカは水割り、アップルワインはストレートで飲んだ。


f:id:hanatarehanatan:20180820163635j:plain


余市シングルモルトは正直、以前中洲で飲んで少し香りが苦手だったけど、このハイボールはめちゃウマでした。雰囲気がウマくさせてるのかも。


試飲を堪能してお次はお土産。ウイスキー好きの元カレに送る限定品ウイスキーを選び、職場用にウイスキーチョコ、自分用に竹鶴の保温グラスを購入した。


f:id:hanatarehanatan:20180820163711j:plain


送料までぶっ込みで7000円以上使ってしまい、おののく。が、まぁ旅行やし‼︎ ⤴︎いいやー

完全にアゲアゲだ。。


お次は、、御飯を食べよう‼︎ 

併設レストランの樽。ワイン&ウイスキーでしゃぶしゃぶするラム肉鍋。と、ハイボールを頼む。

f:id:hanatarehanatan:20180820163807j:plain


ラムうめぇ。野菜も何気に引き立てておる。

調子に乗りソフトクリームまで食い尽くす。

めちゃ脳内で、孤独のグルメのゴローさんが食い尽くすシーンでかかる曲がかかる。



いやぁー☆余市来てよかったホントに。3時間は遊べた。また来たい。

名残惜しい気もしたが帰る時間も近づいており、

小樽→札幌駅へ戻る電車に乗る。


f:id:hanatarehanatan:20180820163842j:plain


お盆の激務からこっち、肩甲骨あたりがバキバキだったので、ついでに札幌駅にて60分3000円程でのマッサージ屋へ寄る。


しばし熟睡。


乗り換えで安くで帰る気も削がれ、スーパー北斗に乗り半分の時間で帰ることを決意し電車に乗り込む。しかし北海道の旅行って移動距離がまぁハンパないわ〜☆

電車は好きなので苦痛ではないけど〜


楽しかった酒巡り☆小樽&余市旅も終わろうとしていた。


また次の旅行の予定を立てて、普段の仕事の糧にするゾー☆




小樽酒蔵巡りへゴー!

小樽酒蔵巡りへゴー!


お盆の繁忙期は凄まじく、毎日疲弊した毎日やった。。あり得ない人員不足であり得ないミス、強クレームに耐えながら迎えた2連休…泣。


ここ小樽で癒されようと、やって来ました!


曇りのち晴れ!微妙な天気!


今回は防寒対策としてウィンドブレイカー持って来たよ‼️北海道の旅の必需品‼️

薄めのインナーを重ねて、出先で調整することを学んだ私偉い!


ホテルの観光バスで札幌まで出て、すぐ小樽行きの電車に乗り14時前に小樽に到着。

三角市場はお昼で混み混み、待ち時間をへてかわしまさんへ。店頭で迷っているとオバちゃんが声かけてくれた。


f:id:hanatarehanatan:20180819220904j:plain


ボタン海老と生牡蠣とあとどうしようかな〜

ご飯物はあまり量食べれないので3種乗っけミニ丼(マグロ、ウニ、カニ)にした。


f:id:hanatarehanatan:20180819221127j:plain


f:id:hanatarehanatan:20180819221200j:plain


 ボタン海老は4匹、丼ものには味噌汁と塩辛が付いて来て満足の量。つか、多い💧


ボタン海老の味噌最高でしたわー☆


ただ残念なのはお米が美味しくなかった。ネットのレビューにも書いてる人が居たけど、あぁ、まさに。。残念…。


御飯どころを後にし小樽運河へ。なるほど風光明媚な場所で、倉敷を感じさせて好きな空間だ。


f:id:hanatarehanatan:20180819221316j:plain

倉庫も古さを生かしてて渋くて街並みを作っている。いい街だな。

アジア系観光客が多かった。


f:id:hanatarehanatan:20180819221242j:plain


運河をひと通り行き来し、田中酒造へ立ち寄った。品揃えは良く小さな瓶売りもあったのでそれをお土産として購入したが、品物を手に取るとすぐ駆け寄ってくる店員さんにはちょっとそれは無いかなぁと思ってしまった。もう少し自由に見させてほしい。。


運河方面へまた戻りお店を散策。雑貨好きにはたまらない。トンボ玉やガラス工芸やキャンドルや

…嬉しい店好みな店があった。


特にキャンドルの店はとても品揃えと内装とがマッチしており、しかも2階はカフェ。内装の渋い骨組みを見れつつ、飲める。


f:id:hanatarehanatan:20180819221359j:plain

アルコールがあったのでクラッシックを頼みしばし待つと木工造りにゆらゆら揺れるキャンドルの灯り。いい…。


f:id:hanatarehanatan:20180819221423j:plain


なかなかの居心地の良さに少し長居してしまい、

アルコールが入ったので重い腰になってしまった…が、立ち上がって、ダルさを一旦ホテルで解消することにした。


1時間半程眠り再度街灯灯る運河へ。


なるほど昼より夜のが情緒がある。異国を思わせる風景が写真に収められて満足した。


f:id:hanatarehanatan:20180819221454j:plain


f:id:hanatarehanatan:20180819221521j:plain

その足でネットで下調べしていた居酒屋へ。少し歩いたけどその道中もなかぬか良かった。


こじんまりしてて入って大正解なお店でした、ふじりんさん。カウンターの常連の方も優しくしてくれて話も弾んで本当に楽しいひと時を過ごせた。


f:id:hanatarehanatan:20180819221547j:plain


牛すじ、岩のりのおでん。蟹と蟹味噌。日本酒…


f:id:hanatarehanatan:20180819221613j:plain

至福のひと時を味わい、ルンルン気分でホテルへ戻りました。

本当に素敵な夜を過ごせて幸せ❤︎でした。


元カレから電話がありまして。

元カレから電話がありまして。


14年付き合って2年前にお別れした元カレ。既婚で子1、家族とは14年別居してて私と別れてから離婚した。


元カレの販売する保険に入っているので、よく分からない内容の保険の郵送物の件でLINEした。


着の身着のまま実家を出た私を心配してくれてたようだ。ありがたい。


何というか、身内よりどうかしたら、イヤどうかせんでも…他人の方が私には暖かい。


少なくとも兄や姉の様に攻撃して罵られることは絶対ない。それが私を支えてくれている。


元カレと付き合ってたときは声を聞いてホッとする安心があったけど、いまも安心はするけど、なんかもう違う。そういうものでは無くなった。


時間薬が効いてやっとただの友達になれたんかな。


福岡を出る時に一度食事に行った。たわいも無い会話の中に浮かぶ、微妙でどこかピリっとした空気。あの頃の話も少し空回りしてる気になる。


おそらく、私か彼か、そのどちらもが、距離を縮めないオーラのようなものを出してるんだろう。それが相手にも伝わってる。


かつては、安心して過ごせて、安心して眠れて、何を食べても美味しいふたりだったのに。

悲しいけど仕方ないんやなぁって。。


好きなものや人との別れは仕方ない。

全く変わらない関係もない。


元カレと付き合ってた時期は本当に良い時間やったし幸せだと思える、それでいいじゃないか。


あまり実家にまつわる暗い近況を話して心配させて、元カノが目の前をウロウロされても、彼の罪悪感が募るかもしれんから、

ウロつき回るのはやめて最小限の連絡に止めようと思った。


そして仕事の成功を祈ってる。


それが私に出来ること。




今日もぼくなつ日和。

f:id:hanatarehanatan:20180803093658j:plain


ピーカン晴れで少し湿度も低く過ごしやすい朝。朝晩は冷える。

やっぱり北海道の夏は九州より過ごしやすい。

昼間ガマンすれば済むもんね。まぁ当然か。


しかしまぁ、職場がゴタついてて忙しくて心労が絶えん毎日を過ごしてますわ。


所属部署に元々いたベテランパート女性A(47)と関連会社から移動になり1ヶ月前からやってきた社員女性B(47)のソリが全く合わない。


今迄のやり方をポンポン雑に、しかも自分の周知無しにBに変えられるAは面白くなく、周りに愚痴り、上にも吹聴しまくりチクって、結局上からのお叱り。Aは体調不良を理由に来なくなった。

Bはポジティブな性格なので仕事をこなしているが、上からのお叱りがおそらく喧嘩両成敗で、思いのほかガツンと言われたらしく、バックヤードで泣いていた。


いや、暑いしさぁ〜めっちゃ繁忙期やしさぁ〜〜余計な事に体力使わないで仕事しましょうよ?


私たち派遣が一番真っ当に職場を回している。

終始一貫して、我関せずを貫いてはいるものの…さすがに気まずいやん?


しかも、来なくなったAの穴埋めするべく公休が直前で変えられたり、職場の子と行くはずで同時に休み希望出して通っていた、焼肉の日も辞めざるを得なくなった。唯一の楽しみが…😭


あーあ。

どこでも社内トラブルはあるといえ、北海道くんだりに来ても、ここでもか!なのかぁ。


まーホント、関わらず、時給分の働きをして何も言われない程度に働くだけですね。

社畜感満載…。

そして休日にひとり旅を満喫する事を糧に。


考えてみりゃ、福岡いた時もいま場所が変わっても、私はそのスタンスは変わっとらんし、それが一番自分を幸せにするかたちなんでしょうね。


所属するのはなにかと面倒くさいしね。


孤独のグルメのゴローさん的に言うと、人生が重くなる。ですよ。


すったもんだの職場ですが、仕事自体は楽しくない訳でもなく、接客は好きやし、寝る場所あるし(クーラー無くて暑いけど)ご飯はタダ飯(たまにショボいけど。あと牛肉が出ないけど)住めば都とはよく言ったもんで。

私には、充分に足りている。


北海道をまだまだ見てまわって面白いモノに触れたいので、仕事の契約は延長して見ようかと思っている。。

この地で自分の地盤を立て直せて良かったー☆


大事なのはちいさな幸せを見出せることですね。